学校の授業の特徴


学校の授業の特徴は、義務教育段階の授業風景を思い起こすと理解できると思います。 特に小学校低学年の授業内容では、クラスメート全員の理解度を深めるために、ここの制度の性格や特徴を重視しつつも、平均的に学力を上げていくことが、大前提になっています。 これこそ、学校の授業の特徴のエッセンスだと言えると思います。


中学では、内申書も意識して高校進学となっていきますが、義務教育である限り、高校のレベルはあるにせよ、全員が高校に進学できるように、面談による個別指導はありますが、全体的な授業展開に変わりはありません。 高校・大学と進むにつれて、より一層、専門コースに分かれ、個人レベルの授業に近くなりますが、それでも小グループによる授業展開となっています。 基本的に学校の授業は、生徒それぞれの指導は多少なりとも存在しますが、それでも生徒全体の底上げを基本として進められることが、学校の基本的な姿勢だと言えます。


子供の学力を上げるには、まず基本的な知識取得と社会常識を学ぶことが前提となってきます。 そのような意味を考えれば、学校の授業を受けることは、子供の教育の基本となることは間違いないでしょう。 これが、教育を受ける基本的な姿勢でもあり、入り口でもあります。




※外部リンク
家庭教師の特徴としてプロの家庭教師をうたっており、違いが明確です。 ⇒⇒⇒ 家庭教師 特徴

学校の授業の特徴

学校の授業の特徴どういったものなのでしょうか。

詳しくみる…

家庭教師の特徴

家庭教師とはどういった特徴があるのでしょうか。

詳しくみる…